気が弱い・人に利用される人がたった1つ心がけるだけで変わること

こんにちは。タロット占い師の星月リディアです。さて今日は

  • 頼まれると嫌と言えない
  • 気が付くと人に利用されている

そんなあなたのお話です。うん…あなただけじゃないですよ!
こういうタイプの人って、特に最近増えてきたかもしれません。

要領の良いちょっとズルイタイプの人に利用されたり。
自分の意見をハッキリ言えなくて、理不尽なことに巻き込まれたり。

「気が弱い性格を直したいです。」
「人に利用されるのはもう嫌!」

占い中にそんな声も聞いたことがあります。

model-600225_640

親切にしていたつもりの友人に「裏切られた」。
心から尽くしたつもりの恋人に「利用されていた」。

辛かったよね…。傷ついたよね。

そんな思いをもう二度としたくない!と、そのトラウマから自分に分厚い「壁」を作ってしまった人もいました。人と極力関わらない、人に親切にしたり優しくしたりしない!って自分にルールを作って。

この方は私のところに「彼と結婚できるかどうか占って欲しい」との依頼でやってきた、相談者さんです。

彼女と彼の関係を見てみると…。
彼の気持ちや状況のカードから、彼氏さんのほうが彼女に対して「冷たい」「心が通じ合っていない」「愛情を実感できない」という意識を強く持っていることが分かりました。

私は彼女に尋ねました。
「彼はあなたのことを、こんなふうに思っているみたいだけど、心当たりはある?」

すると過去に、自分勝手な元カレに振り回されて嫌な思いをしたこと、会社で親切にしていた後輩に裏切られたりした出来事があり、「もう二度と人に優しくしたり親切にしない」というマイルールを作ったと言うのです。

お気持ち、とてもよく分かります。。

だけどソレ!ちょっと待ってーーー!!

人に親切にできるとか優しいって、本来はとっても素敵なことでしょう?
人に嫌と言えないというのも、言い方を換えれば「協調性が高い」ということ!

そんな素敵なあなたの長所を、ごく一部の心ない人、図々しい人達のせいでゼロにしちゃうなんて勿体ないよ!

とは言え、傷ついた彼女に「今後も傷つくのを恐れず他人と向き合いましょう」なんてことを私は言うつもりはありません。
ここで、私が言いたいのは…

優しい・親切・気が弱い=(イコール)人に傷つけられる・人に利用される

この方程式が本当に正しいのかどうか?ということです。

結論から言いますね、この方程式は、間違っています!

138px-RWS_Tarot_02_High_Priestess

タロットカードの大アルカナの中に「女教皇」というカードがあります。

このカードに描かれている女性は、私の使うデッキの作者ウエイト博士によると「彼女の最も神聖で至高の名前はシェキーナー」と説明されていて、神の実在する場ようは「聖域」であり、神と人間の境界線上に彼女が存在するとも考えられます。

難しい話になってごめんなさい!
簡単に言えばこのカードが示唆する重要なポイントは以下の2点です。

自分の聖域を守ることの大切さ。

その自分の聖域に境界線を引くことの重要さ。

女教皇のカードは大アルカナで「2」という数字を持っています。2極なんです。「ここまではOK!でもココから先は絶対に!ダメ!」って感じで。

先ほどの方程式のお話に戻って、もう一度考えてみます。
優しい・親切・気が弱いから、人に傷つけられた・人に利用されたのでしょうか?

私は違うと思います。自分の聖域、守るべきものを守れなかったから、ここから先はダメ!という境界線を引いていなかったから、傷ついたり利用されるという結果を生んだと考えます。

上にも書いたけど。優しい・人に親切にできるって美徳じゃないですか。
人として美しい、と私は感じます。(´▽`*)

気が弱い・ハッキリと言えない、その裏には恐怖心もあるかもしれません。
でも本当にそれだけ?
「場を乱したくない」とか「和を尊ぶ」そんな精神が入ってない?
そこも日本人らしい素晴らしさ、だと思います。

さて、ここで。。

自分の聖域を守る大切さは理解した。でも「どこからどこまでが、自分の聖域なのかわからない!」…ようはラインが引けないよー!って方はもう少しだけ読んでね。

タロットの女教皇のカードには、そのこともちゃんと示唆しております。

女教皇は「潜在意識」という心の奥の深層意識を表すカードでもあります。潜在意識って~無意識だから、普段はタロットカードなどでアクセスしてみないと、なかなか自分では分からないんですよね。

でもヒント、手がかりはわりと簡単に得られます。

自分の理論・考え・感情を超えた、「直感」と言われる部分。
わかりやすい言葉で言えばなんとなく!」ココがポイントです!

なんとな~く「嫌」。なんとな~く「嫌い」。
なんとな~く「やりたくない」「行きたくない」。

これが自分の聖域の境界線を知る重要な「手がかり」です。

flowers-602989_640

わかりやすく例え話をしますね。

友人とか知人に誘われた飲み会。行く?行かない?

こういうとき、真っ先に!頭にパっと!!どんなイメージが出てきたでしょう?

「楽しそう」「ワクワク」「自分が笑ってる」:そんなイメージがパっと出たなら、答えは「Yes!!」でOKです。

「もわもわ~」「どよーん」「イライラ」:そんなイメージがパっと出てきちゃったのであれば、答えは「No!!」もしくはちょっと考えてから、お返事するようにしましょう。

頭になんとなく「もわもわ」と黒い雲がかかるようなときは、無意識にその飲み会の場に「嫌いな人」がいたりするのかもしれませんよ。自分ではそう思っていなくても、あなたの無意識で実は嫌いだったり。

普段から自分のそんな無意識の部分に目を向けてみると、だんだん自分のライン(境界線)が見えてくるようになります。

実は昔のわたしが、自分の境界線のわからない人だったのです。

自分の心が、何を喜び、何を悲しがるのか、わからなくて困惑したり苦しい思いをしたりを繰り返していました。
でも、そうやって練習してようやく「これはOK!」「これはNO!」が感じられるようになってきたのです。

だからもしも同じようなタイプの人がいれば、ぜひ試してみてください♪

自分の聖域をしっかり守る。境界線を知る。

そうすれば、もう「人に利用される」ことは無くなります。

安心して、人に優しくして親切にしても良いのよ!
それで、もしも最初に書いた「一部の心ない人・図々しい人」に出会ったときは、自分の聖域を守るため、勇気を出して断りましょう!(´▽`*)

私もあなたも、自分の心、しっかり守っていきたいですね。

長い文章を読んでくれて、ありがとうございました。
それじゃーまたね!♪

お知らせ

お知らせ ☆ Twitterを始めました。 フォローして下さると嬉しいです♪
タロット占いのご案内はこちらから、自己紹介は「About」からどうぞ。

line

フォローしてね!♪